資格=給料

資格を取得しようと考える理由の一つに「お給料」の問題は少なからずあります。今のお給料ではとても生活するにも苦労する額、どうにかして給料を上げる方法はないかと考えます。どうすればお給料が上がるのでしょう。まず一つ話しておきますが、現状どんな資格を取得しても自分の経験している仕事の続きで、スキルアップの為の資格でない以上、「資格=給料上がる」は昔に比べて難しい時代です。資格が仕事をしてくれる時代は過ぎ去り、今や資格を使い何年か仕事を経験し即戦力として働いてもらえそうだと考えられなければ就職も難しくなってきました。それだけ今は「仕事をして給料を得る」ということにはシビアです。
私の知人にも、仕事の続きで今年やっと「行政書士」の資格を取って仕事をする人がいますが、すぐには事務所を持って独立して仕事はできないそうです。当分は他の人が経営する事務所に入り修業と勉強の毎日。お給料など事務所に入る際に決められた通りの額面で、もらえるだけでもありがいと言っていました。これが現実です。官公署に提出する書類を作成したり代筆したりする専門家で、しかも資格は国家資格です。具体的な仕事としても、会社設立に必要な書類の作成、飲食店を開く際の営業許可申請書の作成、相続や遺言書の作成、自動車に関する書類など様々。他の公的な書類の作成にも関わっていきます。
これで一人前になり自分で独立して仕事ができるようになり、一般的な給料は600万円前後。えっと思われるかもしれませんが、専業でやっている人と他の仕事と兼業してやっている人が多いからだそうです。行政書士の仕事を専業でやっている人は、年収は1千万円以上。そして仕事の種類も幅広く、収入もそれに合わせて得やすいのが特徴です。さらに、この仕事をずっと以前からしている人も多く、競争相手も多いですがまだ「未開の分野」もあるそうで、その分野を開拓していく元気があればもっと年収に繋がっていくのではないかと言われています。
また、看護師の求人も多いので「看護師」の資格も人気があります。