殆どの資料が公開されている

近年の社会情勢の大きな変化は、ITの普及による情報の共有化が、世界各地にインフラ整備されて、ネットによる情報のやりとりが、私達の生活に定着したことが一番大きな要素と考える。その為、今はあらゆる分野の仕事が、国境を越えて世界へとマーケットを広げている。しかし、これらの情報の活用は、ある特定の企業の為だけのものではなく、今は個人規模でも、ネットを通じて情報の発信を業としている方も増えてきた。そんな中で、文字などで表現できる知識など分野は、この情報のやりとりが一番効果があり、今は様々な知識や情報の資料をネット上で取得することが可能な時代です。その為、これからは学校教育などあり方に少しずつ変化が見られ、特に資格取得などの分野では、わざわざ学校に通わなくてもネットを中心とした通信教育で、殆どの知識を得ることが可能な時代になってきた。
私は、小学校から中学校までの多感期を迎えるまでは、学校は単に知識を教えるだけの施設ではなく、単に通信教育での知識の詰め込みでは、成り立たないと感じるが、今ある資格の教育は、学校などの施設で一同に勉強させるよりも、それぞれ個々がネットを通じて、自分のレベルやスケジュールに合わせた、知識の習得により資格を目指す方が良いと考えている。
また、ネット上で資料を得るには、基本的に世界の共通語になりつつある英語の語学力を高めることが必須で、通常に英語の文章を読むことが出来れば、最先端の科学や医療などの特殊な知識の殆どが入手することが可能です。