留学

学歴をつけるという意味で、海外で勉強をする・海外で看護師の資格を取る留学をする人も増えています。この場合、一旦、臨床を経て看護経験を積み、さらに勉強をして留学する場合がほとんどです。留学後は日本に帰国して看護現場にもどる人もいれば、そのまま留学先で就職し、永住権を得る人もいます。これらの留学は、実喪をしながらでは準備が大変なため、一旦、退職してから準備をすることが多いようです。留学専門のエージェントなどを通して、勉強の仕方(主に最初は語学)やビザなどの手続きを行う人がほとんどです。その為の業者はPC等で検索すればたくさんあります。
【留学で身につく技術】
看護とはほとんど関係はありあませんが、語学がありますね。これは日本で外国の人が診察・入院する際に役に立ちつこともあります。留学先で就職するには必須です。
次に挙げられるのは、まだ日本では少ない看護形態を身につけることができることです。日本ではチームナーシング(これも元はアメリカで開発されました)と言って、看護師全体で、チームを組み一人の患者さんに当たることが多いですが、最近ではプライマリーナーシングと言って、一人の看護師が、一人の患者さんについて入院から退院までの看護を引き受けるといったパターンを取り込むことがあります。これらアメリカで開発された技術をそれぞれ、本場で勉強することによって、より、患者さんのQOLであるとか、信頼感を得るために夕こんな手段を学ぶことができます。
日本では看護師はあくまでも医師の指示のもとで動き、医師の下の立場にありますが、アメリカなど海外では看護部門は看護部門としての意志を持ち、医師の指示でなく、医師と対等の立場で患者の看護に当たることが当たり前です。こういった看護師が独立した考えを学ぶことも重要な今後、日本での医療のあり方を変えるきっかけとなっていくでしょう。
【主な留学先】
アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスといった日本の看護資格が活かせる国への留学が多いようです。イギリスで看護資格を取るとEUの多くの国で看護師として働くこともできます。
【外国からの看護師の受け入れ】
慢性的な看護師の不足から海外から、日本の看護資格(その他に介護士などがある)を取得するためにインドネシアやフィリピンからの看護師の受け入れを政府が経済連携協定によって定めています。
まずは6ヶ月の日本語研修の後、臨床実習が有り、その後国家試験に合格するという道筋になりますが、日本語が難しいため、本国で看護師資格を持ち、臨床技術は優れていてもなかなか国家試験に合格することが難しいのが現状です。その為、滞在期限の3年以内に看護師国家試験に合格できる人はたいへん少なくなっていますが、国家資格の見直し等で少しずつ増えています。