医歯薬の専門学校について

8月 12th, 2014

医師や歯科医師、薬剤師でも、調剤薬局などで働く薬剤師に関しては国家試験を受験し、国家資格を取得しなければなることができないので、国家試験の受験資格を得るためにも、医学部や歯学部、薬学部などのある大学か、医歯薬に特化した大学を卒業する必要があります。しかし、医療や歯科医療、薬業は医師や歯科医師、薬剤師だけで成り立っているわけではありません。国家試験を受けないまでも非情に重要な役割を果たしている職種もあります。
たとえば医療でいえば医療秘書や医療事務の仕事。また、看護の領域で言えば看護助手の仕事。歯科分野では歯科衛生士。薬学分野で言えば登録販売者。同じ医歯薬の分野でも、国家資格でなくても働ける職種もあるのです。そういった医歯薬部門の勉強をするのが医歯薬の専門学校です。大学に比べると数は非常に少ないものの、日本全国に数箇所存在します。医療分野では医療秘書や医療事務を養成します。

北海道ハイテクノロジー専門学校、日本医歯薬専門学校、大阪医療技術学園専門学校、大阪保健福祉専門学校、福岡医健専門学校などがあります。歯科部門では、主に歯科衛生士を養成します。北海道ハイテクノロジー専門学校、日本医歯薬専門学校、新東京歯科衛生士学校、新大阪歯科衛生士専門学校、福岡医健専門学校などがあります。薬学部門は主に販売登録員を養成します。日本医歯薬専門学校や大阪医療技術学園専門学校、福岡医健専門学校などがあります。さらに、医療、歯科医療、薬学分野の延長で、保育士や幼稚園の教諭の資格が取得できる子供心理科を併設している専門学校が多いです。
北海道ハイテクノロジ専門学校、東京福祉専門学校、埼玉福祉専門学校、大阪医療技術学園専門学校、大阪保健福祉専門学校、福岡医健専門学校などがあります。ここでは単に保育や子供の教育に関しての知識のみならず、子供の心理などの特性を生かした教育を行ないます。医師や歯科医師、薬剤師などの国家資格取得は無理でも、これなら働きながら学ぶこともでき、尽きたい職業につくことができます。

カテゴリー: | タグ: , | 医歯薬の専門学校について はコメントを受け付けていません。